ショウエイ観光

倉敷のバス・タクシー

縁結びの聖地「出雲大社」から山口のパワースポット「元乃隅稲成神社」へ

   

縁結びと言えば出雲大社というくらい全国から縁を求めて沢山の人が訪れる出雲大社。
11月は一般的に神様がいなくなる神無月といわれていますが、ここ出雲の地では全国から八百万(やおよろず)の神様が出雲大社に集まってくる神有月(じんざいつき)と言われています。
寒い時期に食べる「ぜんざい」の語源も、この「じんざい」から来ていると言われています(諸説あります)。
一般的にお祓いを神社でしてもらう場合、拝殿でお祓いを受けて玉串を奉納して御神酒を頂くという流れですが、出雲大社ではお祓いの後で通常入れない本殿の参拝をすることができます。
これは貴重な体験ですし、縁結びにも絶大な効果がありますので、お時間のある方は是非お祓いを受けることをお勧めします。
 

 
海の青、草原の緑、そして赤い鳥居が並ぶインスタ映えパワースポットとして有名な「元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)」。
死ぬまでに行きたい世界の絶景にも選ばれた、元乃隅稲成神社の赤い鳥居がずらりと並ぶ風景はまさに絶景スポット。
高さ6mの鳥居の5mの位置に日本一お賽銭が入れにくい賽銭箱があって、お賽銭が入れられると凄いご利益がありそうです。
 

 
近くには、こちらも死ぬまでに行きたい絶景スポットに選ばれた角島大橋もあります。
角島大橋は無料で渡れる橋としては、沖縄宮古島の古宇利大橋(1960m)に次いで第二位の1780mの長さがあり、本土側の高台からは角島大橋の全景を見ることができます。
 

 
そして、宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘が行われたといわれている巌流島へ。
狭いところで幅500mしかない関門海峡に浮かぶ巌流島からは、日本海と瀬戸内海を結ぶ多くの船の通行を見ることができます。
 
各種慰安旅行や秋の行楽にショウエイ観光のバス・ジャンボタクシーをご利用ください。
 

 - ブログ